楽チェン.com

クレジットカードショッピング枠現金化
今すぐお金が必要な方はぜひ楽チェン.comで!

お申し込みはこちら 0120-116-136

コラム

  1. HOME
  2. クレジットカードが存在していない時代にも現金化はあったのか?

クレジットカードが存在していない時代にも現金化はあったのか?

2017年10月26日

お金クレジットカード現金化サラリーマン主婦現金化金策

クレジットカードが存在していない時代にも現金化はあったのか?

クレジットカードがなかった時代の金策とは。。。

 

現代では「現金化」と言えば
クレジットカードを利用したものが主流になっています。

しかし、昔はクレジットカードがない時代もありました。

 

そんな時に現金が欲しくて困った人々は
どのようにして現金を手に入れていたのでしょうか?

実はクレジットカードが存在していなかった時代、
お金がなくて人々が駆け込む先は質屋でした。

 


質屋は700年ほど前に誕生したと伝えられています。
商いの内容は単純で、物を預かってお金を貸すのが質屋の商売です。

 

定まった期間中に全額お金を返す事ができれば、
質屋に担保として預けた品は無事に返却されます。

 

しかし、期間を過ぎると預けた物は
売られてしまって取り戻す事ができなくなるのです。

 

 

現在もこの質屋は存在しており、利用されていますが、
当時の質屋は現金化するにしても還元率が悪く、
決して割の良い取引ではありませんでした。

預けた品物の定価の半分や半分以下しかお金が借りられなかったのです。
現代のクレジットカードを利用した現金化は還元率8割~9割が平均ですので
質屋しかない時代の現金化が、いかに利用する人にとって
大きな損であったか分かっていただけるでしょう。

 

 

今のクレジットカード現金化と質屋の違いは、
質屋は物を質に入れお金を【借りる】という感覚ですが、
買取方式のクレジットカード現金化は
【借り入れ】ではなく商品そのものを【売却する】ので、

ただ商品の【売却代金を】受け取るという形になります。

 

【借りる】と【売る】という違いから、
利用者は損をする割合も少なくなるので
クレジットカード現金化の方が使いやすく、

お財布に優しいと言えますね。

 

この様に現金化は昔から姿形を変えて存在していました。
現金化の主流が質屋からクレジットカード現金化業者に移り変わった事で、
現地におもむく必要が無くなりネットで簡単に出来る為、
今すぐ現金が必要な方にはとても利用しやすく便利な時代となっています。