楽チェン.com

各種ギフト券を即日買取
今すぐお金が必要な方はぜひ楽チェン.comで!

お申し込みはこちら 0120-116-136

コラム

  1. HOME
  2. カードを作りたいと思っている人にオススメなカード 29 リクルートカード

カードを作りたいと思っている人にオススメなカード 29 リクルートカード

2018年5月20日

HMVJCBPontaカードPontaポイントケンタッキーフライドチキンピザハットまねきねこリクルートカードローソン三井住友三井住友フィナンシャル三菱UFJニコス大戸屋

カードを作りたいと思っている人にオススメなカード 29 リクルートカード

今回は三菱UFJニコスとJCBが発行するクレジット「リクルートカード」について紹介していこうと思います。

・三菱UFJニコスとは
三井住友フィナンシャルグループのひとつで国内最大のクレジットカード会社。
前身はディーシーカードになります。
成り立ちは1951年に信販最大手の企業である日本信用販売が始まりで、
2005年に三菱UFJ銀行の子会社となりました。
「三菱UFJニコスギフトカード」を発行している事でも有名です。

・JCBとは
日本のクレジットカード会社で国際ブランド(JCBブランド)運営・カード発行・加盟店契約保有などを行っている。
日本唯一の国際カードブランドでもあり、世界シェアは5位。
日本国産ということから「サムライカード」という愛称で親しまれている。
JCBの由来は旧社名「日本クレジットビューロー」を英語読みした際の頭文字「Japan Credit Bureau」から来ています。

 

では、次に「リクルートカード」の基本情報について見ていきましょう。

カード正式名称:リクルートカード
入会条件:18歳以上(本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方)
年会費:永年無料
ポイントシステムの有無:有り
ポイント名称:リクルートポイント
旅行傷害保険:国内外旅行保険有り
付帯機能:無し
ETCカード:JCBブランドのみ年会費無料で追加可能、それ以外では年会費は無料だが発行手数料1,080円が発生します。
割引可能店舗:無し

 

このようになっています。
まず、目につくのが発行元の会社が2つあると言う事。
これは国際ブランド選択時にそれぞれ審査・発行を手掛ける担当会社が違う事により起きている事象で、
JCBブランド選択時は審査・発行元がJCBに、それ以外は審査・発行元が三菱UFJニコスになります。
発行会社が異なるので、同じカードでも国際ブランドで多少審査難易度が変わってくるようです。

さらに、年会費はどの国際ブランド選択時でも無料ですが、
ETCの追加はJCBのみ無料、それ以外のブランドでは発行手数料1,080円が掛かってしまうため、
JCB以外でどうしてもETCを付けたいのであれば別のクレジットカードを用意した方が良いかもしれません。

リクルートポイントはカード利用額に対して1.2%が毎月11日に付与されます。
還元率1.2%は年会費無料のクレジットカードの中でもトップクラスのスペックを誇ります。
ですが、肝心のリクルートポイントの使い道が

・ホットペッパーグルメ
・じゃらん
・ポンパレ(モール)
・ゼクシィ内祝い
・ホットペッパーグルメビューティー

とあまりパッとしません。

しかしご安心下さい!リクルートポイントはPontaポイントと等価交換が可能なので…

実質的には

・ローソン
・ケンタッキーフライドチキン
・大戸屋
・ゲオ
・ピザハット
・まねきねこ
・HMV

こちらでもポイントの使用が可能と言う事になります。
リクルートポイントもPontaポイントも1ポイント1円の価値で利用でき、
有効期限は1年と短く感じますが、最終ポイント加算日から1年ですので、
「リクルートカード」を利用する限り有効期限は半永久的に伸びる仕様です。

 

いかがでしたでしょうか?
「リクルートカード」は割引サービスが無い代わりにポイント還元に全力を注いでいるカードと言えるでしょう。
また、発行元が2社ある仕様なので実は”2枚持ち”が可能です。
三菱UFJニコスが発行するリクルートカードと、
JCBが発行するリクルートカードの2枚をそれぞれ持つことで、
お互いのメリットを活かすことが出来ます。年会費無料のカードでありながら国内外の旅行保険内容も手厚く、
メインにもサブにもなるクレジットカードですので是非1枚は持っておくと良いでしょう。