楽チェン.com

各種ギフト券を即日買取
今すぐお金が必要な方はぜひ楽チェン.comで!

お申し込みはこちら 0120-116-136

コラム

  1. HOME
  2. 法人・ビジネスカードを作りたいと思っている人にオススメ⑦三井住友ビジネスカード クラシック(一般)カード

法人・ビジネスカードを作りたいと思っている人にオススメ⑦三井住友ビジネスカード クラシック(一般)カード

2018年8月28日

クレジットカード三井住友ビジネス法人カード経費管理

法人・ビジネスカードを作りたいと思っている人にオススメ⑦三井住友ビジネスカード クラシック(一般)カード

今回は三井住友カード株式会社が発行している「三井住友ビジネスカード」について紹介していこうと思います。

・三井住友カード株式会社とは
三井住友フィナンシャルグループのひとつで日本で初めてVISAカードを発行した企業。
設立は1967年と古く、全国50万店以上で利用可能な全国共通商品券「三井住友カードVJAギフトカード」の発行も行っています。

では、次に「三井住友ビジネスカード」の基本情報について見ていきましょう。

カード正式名称:三井住友ビジネスカード クラシック(一般)カード
入会条件:法人の代表者
年会費:1,350円
ポイントシステムの有無:有り
ポイント名称:ワールドプレゼントポイント
旅行傷害保険:海外有り
付帯機能:なし
ETCカード:540円(初年度無料)
割引可能店舗:ビジネスサポートサービス、ゴルフ優待、
福利厚生代行サービス、勘定奉行連携サービス、Visaビジネスオファー、
レンタカー割引サービス

このようになっています。
経費管理と資金運用の効率化に特化したカードと名売っており、
1枚辺り年会費432円の家族カードを20枚まで発行出来るため、
個人事業主よりも複数の社員を抱える対企業向けのサービスが充実している形です。

ワールドプレゼントポイントは1000円毎に1ポイントですが、
大丸、松坂屋、高島屋ではいつでも3ポイントになります。
ポイント有効期限は2年となり、他のカードと比べても平均的です。

1ポイントは5円の価値で換算され、
年間のカード利用で獲得したポイントが1,000ポイントに達した場合は
100ポイントの年間利用ボーナスがもらえます。

旅行保険は国外のみの対応で利用付帯となっており、
保険の適用には旅行代を三井住友ビジネスゴールドカードを
使うことが前提となりますので注意しましょう。
補償額は最高2,000万円になります。

いかがでしたでしょうか?
三井住友ビジネスカードは個人用と法人・事業用にカードを分けて利用することにより、
一枚の明細書に経費が混ざることなく公私の利用を分けることができます。
さらに利用明細書を見れば経費を簡単に管理でき、事務作業を削減にも繋がりますので
確かに経費管理と資金運用の効率化に特化したカードと言えるでしょう。