楽チェン.com

各種ギフト券を即日買取
今すぐお金が必要な方はぜひ楽チェン.comで!

お申し込みはこちら 0120-116-136

コラム

  1. HOME
  2. 法人・ビジネスカードを作りたいと思っている人にオススメ⑨アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人・ビジネスカードを作りたいと思っている人にオススメ⑨アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

2018年8月30日

American ExpressamexAMEXゴールドアメリカン・エキスプレスクレジットカード

法人・ビジネスカードを作りたいと思っている人にオススメ⑨アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

今回はアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが発行しているアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードについて紹介していこうと思います。

・AMEXとは
旅行事業とクレジットカードの発行元であるアメリカ合衆国の企業です。
世界長者番付常連のウォーレン・バフェット氏率いる投資会社『バークシャー・ハサウェイ』が
筆頭株主である事でも有名です。
元は運送業者として開業されたAMEXですが後に金融業、旅行事業と進出していき現在に至ります。
クレジットカード会社なのにエキスプレス(配送便や特急などの意味)と言う名称が付くのは運送業者だった頃の名残なのですね。
また、クレジットカード業界における5大国際ブランドの中核的存在であり、
現在、AMEXカードを持つことは一種のステータスとして認知されています。
AMEXカードを持つ男性は女性にモテるなんて噂もある程です。

では、次にアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの基本情報について見ていきましょう。

カード正式名称:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
入会条件:20歳以上(法人の代表者または個人事業主)
年会費:価格.com経由で申し込むと初年度無料、翌年以降は年会費33,480円
ポイントシステムの有無:有り
ポイント名称:メンバーシップ・リワード
旅行傷害保険:国内外有り
付帯機能:無し
ETCカード:540円※5枚まで発行可能
割引可能店舗:様々な空港内施設、送迎タクシー、レンタカーサービスが無料・優待価格で利用可能。
招待日和、クラブオフ、ゴルフ優待サービス、COTTON CLUB優待、新国立劇場優待、
公開前の映画試写会に参加可能、アメリカン・エキスプレス・セレクトが利用可能

このようになっています。
年会費は初年度無料と記述されていますが、
キャンペーンページから申込みをした人のみの特典ですのでご注意下さい。
“国際ブランド”であるAMEXゴールドカードは自社で発行したプロパーカードであり、
全世界にクレジットカードとして認識されている事。
これがAMEXと言うブランドネーム最大のステータスです。
そして、このアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードには
アメリカン・エキスプレスの会員証という側面も備えてあります。
他のAMEXの名を冠した提携カードにはこの会員証としての効果は付属されていません。
プロパーカード唯一のステータスと言えるでしょう。

ポイントシステムのメンバーシップ・リワードは100円毎に1ポイントで有効期限は3年間ですが、
メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると有効期限が無期限になります。
ただし、無期限にするには参加費が年間3,000円掛かる事に加え、
メンバーシップ・リワード自体が1ポイント0.3円の価値と還元率が低いのでコストパフォーマンスが悪いです。
しかし、通常1ポイント=0.5マイルのレートでANAマイルかスカイマイルに交換可能な所を
メンバーシップ・リワード・プラス会員であれば等価で交換出来るようになります。
単純に2倍ですのでその部分だけ見ると非常にコストパフォーマンスが優れていると言えます。
他にもTポイントや楽天ポイントに交換可能ですがマイル交換するのがベストでしょう。

ゴールドカードでありながら他のクレジットカードの様に還元率ランクアップする等と言う特典はこのカードにはありません。
にも関わらず年会費が他のゴールドカードに比べ非常に高いのは何故か?
その理由はブランドネームの価値と充実の付帯保険、海外渡航に特化した多種多様の割引サービスにあると言えるでしょう。

海外渡航に特化した割引サービスが付与されているアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードですが、
国内主要28空港+ハワイ・ホノルル国際空港のラウンジが同伴者1名まで無料で利用可能なのはAMEXだけの特典です。
また、空港送迎タクシーを片道1回換算で年2回チャーター可能のサービスに加え、
空港クロークに荷物を2個まで無料で預けられ、帰国時にスーツケース1個まで自宅に無料宅配してくれるサービスがあります。
さらに羽田空港、伊丹空港に限り国内線航空券を購入した際、対象の空港内レストランクーポン1,000円分が配布されます。
レストランで忘れてはいけないのが「ゴールド・ダイニング by招待日和」です。
その内容はまさに規格外で、国内外200店舗のレストランにて所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分が無料というもの。
世界中のレストラン飲食代金が20%OFFになったり、ボトルワインのサービスが受けられる「American Express Invites」も利用できます。
レンタカーサービスも国内外大手レンタカー会社を5%OFFで利用出来るようになります。

次に付帯保険です。
海外旅行時の保険額は最高1億円、自動付帯でも5,000万円と様々なクレジットカードの中でもトップクラスのサービス内容です。
ただし、国内旅行の場合は利用付帯基準で死亡後遺障害(最高5,000万円)のみ補償対象となるので注意が必要です。
また、AMEXでは独自の保険が付いており、海外で購入した商品が壊れていた場合、通常購入元に返品交換を依頼します。
しかし稀に購入元が返品交換を断固拒否してしまう事があり、その場合はAMEX側でその代金を肩代わりしてくれると言うものです。
購入元とうだうだ揉める必要性が無くなるのはありがたいですね。

いかがでしたでしょうか?
年会費33,480円を高いと取るか安いと取るかは人それぞれだと思われます。
AMEXが持つステータスや割引や優待特典を見比べ、
自分にとって相応しいカードであるならば一度持ってみるのも良いかもしれませんね。