楽チェン.com

クレジットカードショッピング枠現金化
今すぐお金が必要な方はぜひ楽チェン.comで!

お申し込みはこちら 0120-116-136

コラム

  1. HOME
  2. クレジットカードの支払い日当日に入金しても引き落とされるか

クレジットカードの支払い日当日に入金しても引き落とされるか

2017年10月20日

キャッシングクレジットクレジットカードサラリーマンショッピング主婦家計簿引き落とし支払い現金

クレジットカードの支払い日当日に入金しても引き落とされるか

引き落とし日当日に口座へ入金する時の注意点
クレジットカードの利用代金支払日になっても

残高不足が判明して支払いが出来なかったと言う人も必ず現れます。

そうなると当日中に残りの分を入金さえすれば
大丈夫と思っているかもしれません。
…しかし実際の所はそうではありません。

 

何故なら大丈夫かどうかは請求先として
指定している口座の金融機関次第だからです。

 

例えば
A社の金融機関は即日振込で即反映していても
B社は一日の内に振込反映されるのは特定の時間内で
C社は1日の内に1回だけでそれ以外は翌日に反映される

 

金融機関によって対応がバラバラです。
特にCの様な場合だと一日遅れるだけでも延滞扱いになり
遅延損害金(延滞した事による損害金)を別途に
請求され利用料金と一緒に払う事になり
余分な出費を作ってしまう可能性が高いです。

引き落としの反映が遅れそうな場合にはカード会社へ事情を説明して
振込んではいるが引き落としに時間がかかる事を伝えるのが安全です。
カード会社によっては数日以内に引き落としが確認できれば
遅延損害金は取らない場合もある為連絡を入れておいた方が良いでしょう。

 

もしくは即日反映される金融機関の口座を
クレジットカード利用料金の引き落とし口座として
最初から設定しておくのも手段の一つです。

もしも引き落としが確認できずに延滞扱いになってしまうと
先に紹介した様に遅延損害金が請求され
必要以上に請求されてしまいますが

これが何度も続くとペナルティーとして
カード利用の停止もしくは強制解約を受ける事になります。

最初の一回や二回ならばうっかりとして多少は多めに見てくれますが
これが三度目以上になるとカード会社も
「故意にやっているのではないか?」と不審に思い

警告しそれでも続く様だったらカード利用の停止を受ける事があります。

この時事情を説明したりちゃんと遅延損害金分も含めた支払いを
済ませればカード利用再開もされる事もありますが

 

強制解約になってしまうと
・返済で事故を起こした事になり個人信用情報機関に登録される
・その影響で新規にローンやクレジットカード等を組むのが難しくなる
・支払いが完了しても最低5年から10年は
登録されるのでその間は新規で作るのが難しくなる

延滞した事で受けるデメリットは
正直言って割りに合わない程大きいです。

 

不可抗力であろうと故意であろうと
引き落としが上手く行かずに支払いが遅れた場合のペナルティーは

自身の生活にとても大きく響く事ばかりで
決して疎かにして良い物ではありません。

 

延滞扱いにならないよう、
支払日をしっかりと把握し金融機関の前日営業日に
入金するように心がけましょう。