楽チェン.com

各種ギフト券を即日買取
今すぐお金が必要な方はぜひ楽チェン.comで!

お申し込みはこちら 0120-116-136

コラム

  1. HOME
  2. こんな現金化業者は嫌だ!

こんな現金化業者は嫌だ!

2018年7月2日

クレジットクレジットカードクレジットカード現金化サラリーマンショッピングショッピング枠現金買取金策

こんな現金化業者は嫌だ!

クレジットカード現金化を専門としている現金化業者は数多く存在しますが業者の中には悪徳業者も混じっており、
そのせいで現金化が危険と言われる要因を作ってしまっています。
また悪徳業者と言ってもやり口はそれぞれで違っており目的も違ってきます。

その中でも特に多い悪徳業者は
「個人情報狙いの業者」
「商品そのものを狙う業者」
「買取額の詐欺を企む業者」
悪徳業者のトラブルはこの3つが占めていると言っても良いでしょう。

・ 「個人情報狙いの業者」の場合
個人情報狙いの悪徳業者の場合だとクレジットカードの写真や暗証番号を聞き出そうとしていると悪徳業者と見て構いません。
カードを不正利用しようとする魂胆が見えています。
基本的に現金化業者では写真提出は求められたとしても精々身分証明書を写真で提出し身分確認に使う程度です。
クレジットカードの写真や番号も提出して欲しいと言うのはまずあり得ません。
クレジットカード現金化はクレジットカードでお買い物をしますが業者のやる事は購入した商品を買い取り、
買取金額を現金として口座へ振り込むだけで購入代行をする事はありません。
クレジットカードの写真や番号も求められたら迷うこと無くキャンセルして不正利用の被害を未然に防ぎましょう。

・ 「商品そのものを狙う業者」の場合
優良業者の場合は購入したギフト券は申し込みの際に指定されたフォーム等からギフトコードを送ります。
しかし悪徳業者の中にはこのギフトコード自体を奪い取ろうとする業者が存在します。
多い手口が
「届いたギフトコードは使用済みだった」
「商品が届いていないので買取出来ません」
と一見すると説得力がありそうな理由をつけて納得させられそうになりますが、
実際は買い取った商品を受け取っており、我関せずを貫き通して取引自体を無かった事にしようとします。
業者以外の第三者にギフトコード情報が漏れている可能性が無い場合、諦めずに交渉する等してなんとか返してもらいましょう。

・ 「買取詐欺業者」の場合
HPだと高い買取率を掲載していても、
実際に現金化してもらおうとしたら
「商品に傷がついている」
「現在の相場だと高くない商品」
「手数料が掛かる」
「掲載の買取率は1個目のみに適用」
等理由をつけて不当に下げ、
HPに掲載している金額とは程遠い安値で買い取る業者も悪徳業者と言えます。

悪徳業者の中では一番被害に合いやすく、
悪徳に限らずHPに掲載しているのと買取率が違う業者は多いので
最初にお伝えした2タイプの悪徳業者よりも見分けが難しいです。
これらの見分け方として前もって全部の買取額を聞く等の対策をしないと自分が痛い目を見てしまいます。

いかがでしたでしょうか?
どの悪徳業者も内容自体はどれもこれも質の悪い物ばかりですが、
3者とも「顧客を騙している」事に罪悪感を感じていません。

通常ではあり得ない買取率98%等の嘘の誇大広告も平気で掲載して人を集めます。
その結果、悪徳業者に引っ掛かって痛い目を見た人達が口を揃えて

「現金化業者=悪徳しかいない」

と口コミやレビューで悪評だけが広がってしまいます。

悪徳業者は誇大広告を出し続ければ顧客の方が勝手に広告に釣られて流れて来ますので、
悪評が流れようと痛くも痒くもありません。
最終的に損するのは広告に釣られて現金化した顧客と堅実に営業している優良業者と言う事になります。得をしてるのが悪徳業者だけなのが何とも歯がゆいですね。

この様に悪徳業者は日々新しい手段を使いあの手この手で皆さんを狙っています。
全てに対応するのは難しいですので、
日頃から口座の残高をチェックするなどの自己防衛策を付けておき、
被害に合わないようにするのはもちろんですが被害に合ったとしてもすぐ気付ける様にしておきましょう。