楽チェン.com

各種ギフト券を即日買取
今すぐお金が必要な方はぜひ楽チェン.comで!

お申し込みはこちら 0120-116-136

コラム

  1. HOME
  2. ETCカードとは?

ETCカードとは?

2018年8月17日

ETCカードクレジットカードドライブ高速道路

ETCカードとは?

ETCカードは高速料金の支払いをスムーズにする為に
必要で欠かせないアイテムです。
そんなETCカードの正式名称やカードの種類、そして割引等、
普段目にする機会が少ないであろう情報について今回は取り上げていきます。

■ETCの正式名称
ETCとは「Electronic Toll Collection System(エレクトロニック・トール・コレクション・システム)」の略称で、
日本語にすると「電子料金収受システム」を意味します。
日本語名称の通り料金の収受が無線通信を通じて行えるサービスです。

■ETCのシステム
ETCは無線通信を介して料金の支払いを行います。
ETC決済用のカードを挿入したETC車載器を車に搭載し、
高速出入り口共にETCレーンに入ります。
ETCレーンにはアンテナが設置されており
車載器からアンテナへ向けて入り口情報を発信し、
降りた料金所でも車載器から情報を送信します。
情報を受信した料金所のアンテナから入り口から出口までの料金情報が
ETC車載器へと送られ搭載されたカードで料金を自動決済してくれます。

■ETCカードの種類
ETCカードは主に3種類に分かれています。

・ETC専用カード
ETCでの決済をメインとしたクレジットカードです。
一般的なクレジットカードの様にショッピングの決済で使う事は出来ません。
その代わり高速利用料金に応じてポイントが付与され、
SA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)等でも利用できる特典が用意されています。

・一体型ETCカード
こちらは従来のクレジットカードと同様でショッピングでの決済にも使えるETCカードです。
一般的に見掛けるETCカードのほとんどがこの一体型で
これ1枚あればETCやショッピングの決済も行う事が出来るので大変人気です。

・ETCパーソナルカード
このカードは先程とは逆に一般にはほとんど流通していないカードです
高速の平均利用月額に応じてデポジットを口座振替で入金し、
その金額内でならETCの決済が出来る様になるカードです。
クレジットカード審査と違い申し込めば作成できる反面、
利用予定金額の4倍という高額なデポジット(預り金)を求められます。
最低平均利用月額は5,000円なので、
最低デポジット額は20,000円から始められますが、
利用実績によりデポジット(預り金)の増額を求められる事もあります。

■ETCカードの作り方
ETCカードの場合は一体型も含めてクレジットカード会社から申込みするのが一般的です。

一方でパーソナルカードの場合は、
ETCパーソナルカード利用申込書から申し込む必要があります。
この申込書はETCパーソナルカード事務局から取り寄せるか
インフォメーションのあるSAで配布されているのを回収して用意します。
必要事項を記入しETCパーソナルカード事務局へ郵送した後、
デポジット振込み依頼の連絡が来るので指示通りに振り込む事でカードが郵送されて来ます。
ETCパーソナルカードは手元に届いた日から利用が可能です。

■意外と知られていないETC割引の種類
実はETCを利用すると割引サービスを受ける事が出来ます。
具体的な割引として現在は以下の割引を実施しています。

・平日朝夕割引
ETCマイレージに登録していて朝6~9時、
夕方17~20時内に地方部のETCを利用する事によって
利用回数に応じ還元額が付与されるサービスです。

・休日割引
普通自動車、軽自動車、二輪車限定の割引です。
地方部のETCを土日祝の休日に利用すると3割引になります。

・深夜割引
毎日0~4時にETCを利用した場合3割引される最もポピュラーな割引。
ETC搭載の車ならどの車種にも適用されます。

その他にもETC2.0割引、外環道迂回利用割引、アクアライン割引、
大口多頻度割引、障害者割引等も用意されており、
現金よりもETCを使った方がお得になるケースが多く存在することがわかります。

最後に、
ワンポイントアドバイスとして、
クレジットカード会社が発行するETCカードを選ぶ時は
・年会費
・ポイント還元率
・よく使うガソリンスタンドの特典
これらを見比べる事をオススメします。

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んだ事で快適なカーライフを送って頂けたら幸いです。