楽チェン.com

各種ギフト券を即日買取
今すぐお金が必要な方はぜひ楽チェン.comで!

お申し込みはこちら 0120-116-136

コラム

  1. HOME
  2. Amazonで楽天ポイントを使う方法

Amazonで楽天ポイントを使う方法

2018年4月2日

Amazonキャリア決済クレジットクレジットカードクレジットカード現金化サラリーマン主婦家計簿手数料支払い節約金策

Amazonで楽天ポイントを使う方法

Amazonと言えば国内最大手のネットショッピングサイトです。
そのAmazonで買物をした経験がある人は少なくないでしょう。

意外と知られていませんがAmazonでの買物には色々と支払い方法が存在しています。

1つ目が
・コンビニATM
・ネットバンキング
・電子マネー払い
2つ目が
・代金引換払い
3つ目に
・クレジットカード払い
4つ目は一部適用外もありますが
・キャリア決済(ドコモ払い・auかんたん決済)

ここまでは皆さんよくご存知の支払い方法になります。
しかし、ここから先はAmazon独自の支払い方法となり、あまり知られた方法ではありません。

その1つが
・Amazonギフト券払い
そしてもう1つが
・Amazonポイント払い

以上になります。
題名にある楽天ポイントでの支払いはどこにも記載されていませんね。

では、どうやって楽天ポイントを使ってAmazonで買物出来るのでしょうか?

まず、最初にお伝えしないといけない事は、楽天ポイントをAmazonで直接使うことが出来るわけではありません。
なので、このコラムでご案内するのは楽天ポイントを別の物に変える事によってAmazonで利用できるようになる方法になります。
楽天ポイントを直接的ではなく間接的にAmazonで利用する方法ですので思っていた内容と違った方は申し訳ありません。

その方法とは「楽天Edy」を利用すると言う事です。

「楽天Edy」とは楽天カードについている機能の一つで、
楽天ポイントを「ポイント→Edy」「Edy→ポイント」と相互交換が出来る電子マネーになります。
もちろん交換レートは1:1の等価交換なのでその時、
必要な手段によって楽天Edyにするか楽天ポイントにするかを選んで利用する事が出来ます。


主に楽天Edyではおサイフケータイとしての用途が
楽天ポイントは楽天市場で現金代わりとしての用途がメインとなっています。

 

ここではそんな「楽天Edy」をAmazonでどうやって使うか?と言う話になりますので
楽天ポイントについての詳しい話は省かせて頂きます。

「楽天Edy」をAmazonで使用する方法は大きく2種類

どちらも電子マネー払いを選択するところまでは一緒です。
片方ではパソコンに接続して読み取りが出来る「楽天Edyリーダー」か、
「カード読み取りのリーダー」をご自身で用意して楽天カードを読み取りさせる方法を。
もう片方では先程の話題でも出てきたおサイフケータイを利用する方法です。

「楽天Edyリーダー」か「カード読み取りのリーダー」を今の時代お持ちの方は少数でしょう、
パソコンによっては読み取りのリーダーが内蔵されたものもありますがそちらもごく少数です。

そのため、大多数の人がこのおサイフケータイ機能を使っての支払い方法になります。
利用方法は至って簡単でEdyアプリがスマホにダウンロードされていれば準備完了です。

電子マネー払いの中におサイフケータイで支払うアイコンがありますのでそちらを選択しましょう。
するとAmazonからお支払い番号お知らせメールに記載されているURLが届きます。
その中にあるMobile Edy(おサイフケータイでのお支払い)ボタンをクリックします。
すると楽天Edyから「決済開始メール」と題したメールが届きますので内容を確認して決済を完了させましょう。

支払いが正常に完了していれば「お支払い完了メール」が届きますので目安としましょう。

非常に便利な楽天Edyですがメリットばかりではありません。
そこまで重要な事ではありませんが意外と陥りがちな注意点を記載しますのでそちらもご覧下さい。

1.コンビニでは利用できない。
2.チャージ上限は5万円。
3.定期メンテナンス中(第3水曜日2:00-7:00間)は使用できない。

いかがでしたでしょうか?
楽天ポイント→楽天Edy→Amazon→電子マネー払い(おサイフケータイ払い)
この様な流れを組むことによって楽天ポイントをAmazonで利用出来るように変える事が可能です。
もしも楽天市場で貯まった楽天ポイントをAmazonで販売されている商品購入に充てたい場合は、
是非この記事を参考にして頂けると幸いです。