楽チェン.com

各種ギフト券を即日買取
今すぐお金が必要な方はぜひ楽チェン.comで!

お申し込みはこちら 0120-116-136

コラム

  1. HOME
  2. Amazonマーケットプレイスに出品するには?

Amazonマーケットプレイスに出品するには?

2018年2月21日

AmazonAmazonギフト券サラリーマンショッピング主婦副業金策

Amazonマーケットプレイスに出品するには?

AmazonにはAmazonマーケットプレイスという
一般人の方や企業が出品している商品スペースが存在します。

出品商品は基本的に、Amazon.co.jpが取り扱う同タイトルの新品と並べて展示され、
Amazon.co.jp が取り扱う商品よりも安く買う事が出来るので購入者にとって人気のサービスです。

 

今回はそんな「Amazonマーケットプレイス」に一般の方が出品する方法について説明していきたいと思います。
そんなに難しく無いので安心して下さい。

まず、一般人がAmazonマーケットプレイスに出品する方法として
大口出品者(プロマーチャント)と小口出品者の枠組みが存在します。

小口出品者の場合、必要な物は
・Amazon出品用アカウント(Amazonアカウントとは別に作成する必要があります)
・クレジットカード(初回の認証用)
・銀行口座(代金の振込口座)
・出品商品
・梱包用具
この様になります。

大口出品者(プロマーチャント)の場合、小口出品者の必要な物に加え、
月額利用料4,900円を払う事で特典が得られます。
その特典とは
・amazonに登録されていない商品でも出品が可能(ハンドメイド商品など)
・1件売れる毎に掛かる定額成約料100円が無料に
・出品形式では無く、出店形式になる(特定商取引法の表記が義務付けられるが店舗名を名乗れる)
・一括出品ツールというAmazonが提供する複数在庫管理に優れたツールが使用可能に
・購入者の決済方法が小口はクレジットカード支払いのみ対応なのに比べ、
大口はAmazonギフト券/コンビニ決済/代金引換/Edy払い/Amazonポイント支払いが選択可能になります。
これにより小口より多くの人に購入してもらえる機会が増える事が考えられます。

大口と小口は共に出品にかかる手数料は0円ですが、
商品が売れた場合、
・販売手数料
・基本成約料(大口の場合無料)
・出品カテゴリー別に掛かる成約料(売上の○○%)

これだけみるとAmazonに色々と手数料がひかれ最終的に損をしてしまう気がします。
しかしマイナスだけではありません。

Amazonマーケットプレイスでは商品が売れた場合、Amazonより配送料257円が支給されるのです。
そのため、必要の無い本などを1円で出品しても
配送方法の工夫次第で最終的には支給される配送料257円から実際に掛かった配送料+手数料を差し引いた額が利益となります。

ここからは実際に出品する場合、必要な情報をご紹介します。

・商品のコンディション(「新品」「中古商品」「コレクター商品」から選択)
・商品説明文
・在庫数
・出品価格(Amazon Sellerアプリがあればバーコードをスキャンする事でAmazonの相場がわかります)
・商品の発送元(FBAを利用した場合Amazon.co.jpからの発送を選択する必要があります)
・配送条件(海外発送が可能か)

これらを入力、選択し出品する事で出品が完了します。
Amazon.co.jpで取扱がある商品であればメルカリ等のフリマアプリと違い、
商品の写真を用意する必要が無いのが嬉しいですね。

商品が売れた場合はただちにAmazonアカウントで登録したメールアドレスに連絡が届きます。
その際は、Amazonからの指示に従い、自宅にプリンターがあれば自宅で、
無ければ近くのコンビニで配送用ラベルを印刷しましょう。

全ての配送作業を終え、Amazonから代金が支払われるのは最初の売却時のみ14日以上掛かります。
2回目以降の出品はAmazonが自動的に14日周期で代金の振込みを設定しているので14日以内に振り込まれると覚えておくといいでしょう。

いかがでしたでしょうか?
まとめとしては要らなくなった物をたまたま売りたいだけなのであれば小口出品者で
月々49個以上商品が売れるのであれば大口出品者(プロマーチャント)で登録した方がお得になります。
あまり売れない商品だけど大量に手に入ったのを売りさばきたいからと
安易な考えで大口出品者で登録したら、
月々の契約料4900円が足かせになりかねないです
自分にあった出品方法を選んで損しないように気を付けて下さい。